蓮華寺の馬頭観音(東大和市)

 蓮華寺の門を入ってすぐ右側に石仏が並びます。その一番左側に、目の前の道路方面を向いた石塔があります。
 寛政11年(1799)の馬頭観音です。

門を入って右側の石造物 クリックで大

 村山貯水池に沈んだ石川の里、蓮華寺の旧地付近にまつられたと伝えられます。大正年間、寺とともにこの地に移りました。

寛政11年(1799)の馬頭観音正面
クリックで大

 高さ 174.0㌢ 巾39.0×23.0㌢

 正面に廻ると、東大和市内では見かけない石塔です。
 上部に三面六臂の青面金剛座像を浮彫にして、下部に「馬頭観音」を意味する言葉が梵字で彫られています。

正面上部 三面六臂の青面金剛座像 クリックで大

 左右の第一手は根本印、右第2手は斧、第3手は鉾
 左第2手は輪棒 第3手は輪

梵字の馬頭観音真言 クリックで大

 馬頭観音の真言
 「オン・ア・ミリ・ト・ドムパ・ウーン・ハッタ」
 と彫られていると解説されます。

 右側面 寛政十一己未春   
 左側面 武州多摩郡芋窪村石川講中
 とあります。(寛政十一・1799)

石川の里の旧位置 クリックで大

 東大和市最古の馬頭観音は寛政3年(1791)、隣接した内堀の里にまつられ、現在、奈良橋の庚申塚墓地に移っています。今回紹介する馬頭観音はそれに次ぎます。馬の供養とともに江戸市中への農間稼ぎの道中安全、豊作を祈願したものと思われます。

 (2019.08.13.記 文責・安島)

 東大和市の馬頭観音

 馬頭観音をまつった背景

 寛政3年(1791)馬頭観音(東大和市最古)

 石造物

 蓮華寺