ブログ

6近世

野火止用水が引かれるぞ!!

野火止(のびどめ)用水が引かれるぞ!!  それ!新しい畑の開発だ!!  東大和の村々に慌ただしい空気が広がります。 玉川上水・野火止用水が出来る 「原の南っかたで、江戸へと上水がつくられるとよ」  「それと、そっから別の …

羽村堰の工事に入札!(寛政3年・1791)

羽村堰の工事に入札!(寛政3年・1791)  江戸時代です。  「玉川上水羽村の堰が台風でやられた、工事をするので、入札に参加しないか」  との回覧が村々に回りました。  最近、士農工商の身分制が見直されています。それに …

炭の買い出し途中で争い(寛政3年・1791 蔵敷村)

炭の買い出し途中で争い(寛政3年・1791 蔵敷村)  駄賃稼ぎでしょう。炭の買い出しの途中で喧嘩になって、幕府の検視を求める事件が起こりました。  寛政3年(1791)1月です。蔵敷の村人が青梅まで炭を買い出しに行きま …

髪は藁で束ねよ、雨具は蓑笠を用いよ 天明8年(1788)のお触れ

髪は藁で束ねよ、雨具は蓑笠を用いよ 天明8年(1788)のお触れ  天明8年(1788)、天明の大飢饉の時です。東大和市域の村々に  「髪は藁で結え!」  との達しが来ました。  コロナの中での一斉休業が自粛か命令かで問 …

文久のコロリ

文久のコロリ  令和の時代2年目(2020)、世界中でコロナ問題の対応に迫られます。江戸時代、文久2年(1862)、狭山丘陵周辺の村人は「コロリ」問題で悩まされました。この病に罹るとコロリと亡くなってしまうので「コロリ」 …

農間稼ぎ(のうま、のうかんかせぎ)

農間稼ぎ(のうま、のうかんかせぎ)  江戸時代、東大和の村々では農業の合間に盛んに「稼ぎ」が行われていました。    ・男は樵(きこり)や炭焼をし、  ・時には青梅や八王子に薪や炭を仕入れに行って  ・女は木綿の糸撚や機 …

砲台用ケヤキ運搬のため道普請をせよ

砲台用ケヤキ運搬のため道普請をせよ  ーペリーが去った直後の江戸湾の警備と村ー  幕末の日本を大きく変えたペリー来航です。嘉永6年(1853) ・6月3日、真っ黒な船体に蒸気を吹き上げて江戸湾に姿を現し ・6月9日、久里 …

黒船来航と村(嘉永6年)

黒船来航と村(嘉永6年)  泰平の眠りをさます上喜撰(じょうきせん 蒸気船)    たった四はいで夜も寝られず  黒船来航を機に江戸市中で、はやったという川柳です。上喜撰はお茶で、4はいと4隻がかけられて、当時の皮肉な状 …

豊鹿島神社本殿の棟札4(東大和市)

豊鹿島神社本殿の棟札4  豊鹿島神社本殿の棟札の続きです。慶長六年(1601)、正保三年(1646)の二枚について記します。特色は、施主がはっきりして、徳川家康、家光の家臣で、芋窪村(いもくぼむら)をおさめる地頭が大旦那 …

庚申塔をまつった背景(東大和市)

庚申塔をまつった背景  庚申塔を拝すると、文字を刻んだものもありますが、多くが真ん中に怖い顔をした像が彫られ、周りにいろいろなものが彫られています。庚申塔をまつった背景が辿れそうなので、この謂(い)われをたずねてみました …

1 2 3 5 »
PAGETOP
Copyright © 東大和の歴史 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.