モニュメント14 藤兵衛さんと狼

元気な声が弾む中北台公園(上北台公民館北側)
南西の角に藤兵衛さんと狼のモニュメントが置かれています。
(クリックで大)

「これ、おじいさん?」
「おひげはやしてるからそうだよ」
(クリックで大)

「こっちはナニ?」
「大きなお目めに長い鼻、何だろ?」
「おじいさんとお話し、してんのかな?」
(クリックで大)

モニュメント「藤兵衛さんと狼」です。
(クリックで大)

タイトル:藤兵衛さんと狼
場所:東大和市中北台公園
設置日:平成5年3月27日
材質:黒御影石
サイズ:H1800×W2200×D400センチメートル

(作品紹介)
今は多摩湖になってしまった石川の谷に、昔、藤兵衛さんという腕の良い木こりの親方が住んでいました。

ある朝、いつものように仕事場へいこうと笠松坂(狭山丘陵の中にあった)を登っていくと、大きな口をあいて苦しんでいる狼が見えました。口に手を入れて、骨を取ってやると頭をひとつさげ森の中へ行ったそうです。それからというもの、狼は藤兵衛さんを朝晩送り迎えするようになりました。

藤兵衛さんは、狼が御嶽神社のお使いで大口真神(おおぐちまがみ)といわれていたので、自分を守ってくれた狼のためにお宮を造り、朝晩拝んだそうです。

上から 藤兵衛さんと狼が出会ったところ
中 藤兵衛さんがまつった祠
下 藤兵衛さんと狼のモニュメントがある場所
(クリックで大)

お話の生まれた石川の里、藤兵衛さんがまつった祠とは、上の図のようにだいぶ離れたところにあります。祠は現在、道路工事のため移転中です。それらの様子については

「藤兵衛さんと狼 よもやま話」
「藤兵衛さんのふるさと 石川の谷」
「小さなまちなか博物館への思い」

をご覧下さい。

(2016.12.24.記)

モニュメントへ