ブログ

7現代

東京瓦斯(ガス)電気工業(株)から日立航空機(株)立川工場へ

日立製作所との合併  昭和14年(1939)5月15日、当時の大和村に工場建設中の東京瓦斯電気工業(株)は日立製作所と合併しました。そして、子会社の日立航空機株式会社を設立しました。合併の理由は国策によるとされます。小松 …

東京瓦斯(ガス)電気工業(株)の工場建設

村山貯水池の建設の影響を受けて、村の運営にも経済的な危機が押し寄せていた昭和13年(1938)のことです。松林と一面の畑が広がる村の南端の地に、工場建設の動きが起こりました。東大和市のまちづくりに大きく影響を与えた東京瓦 …

日立航空機(株)付属青年学校跡

 今では、想像も出来ませんが、画像の位置に「青年学校」がありました。昭和14年(1939)に日立航空機株式会社の工場の付属施設として設けられました。戦時中の教育施設です。全国から青少年が集められました。この学校で学び、戦 …

給水塔のあった場所

2001年まで、日立航空機工業(株)変電所跡の前に立つと左側に給水塔が建っていました。 変電所跡とともに、給水塔は太平洋戦争で爆撃を受けた際の弾痕を残す貴重な戦跡でした。 変電所跡は保存され、給水塔も保存を願ったのですが …

工場と住宅・福利施設の一体建設(南街)

東京ガス電気工業(株)の工場と社員施設  鉄道の駅がない、人家も一つもない、一面畑の中に、工場の建設は急ピッチで行われました。突貫工事と呼ばれその様子は次の通りです。 ・昭和13年(1938 )5月1日、地鎮祭・給水塔完 …

米軍大和基地の碑

 西武拝島線玉川上水駅を北口に降りると正面に駅前広場があります。  駅広は、バス停、車道と島の広場で構成されています。米軍大和基地の碑は画像の横断歩道を渡って左に進むと設置されています。 かって、この地は有刺鉄柵で囲まれ …

東京ガス電気工業(株)の進出

 昭和12年(1937)、当時の大和村南部に工場進出の話題が持ち上がります。下図のように人家は全くなく、一面に畑が続いていました。玉川上水から野火止用水が分水される村の南端です。野火止用水の縁をこんもりと松林が囲んでいま …

千葉卓三郎が奈良橋村に滞在

五日市憲法草案の作成にあたった千葉卓三郎が奈良橋村(現・東大和市)に滞在していました。 深沢村(現・あきる野市五日市)の観能学校の教師であり、「五日市憲法」の草案つくりの最終段階にありました。 明治14年(1881)、奈 …

自由民権運動 東大和市版

自由民権運動 東大和市版  東大和市の自由民権運動について、市民大学で学ぶチャンスが来ました。  五日市憲法の草案をつくったとされる千葉卓三郎が一時東大和市に滞在しました。  そこに焦点が当てられています。  また、同時 …

東大和市の明治の小学校1

   東大和市に最初の小学校がつくられたのはいつ? どこに? どんな様子で?  知りたいです。 残念ですが確実な資料が残されていません。 明治8年(1875)11月の卒業証書を見ることができました。 研精学校(けんせいが …

« 1 5 6 7 »
PAGETOP
Copyright © 東大和の歴史 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.