ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 石造物

石造物

子抱地蔵尊

奈良橋庚申塚墓地に子抱地蔵尊があります。 墓地入り口から右手数体の石造物がまつられれている中の一体です。 画像はいずれもクリックで大きくなります。 文化4年(1807)、「女念仏講中」がまつりました。 村山貯水池に沈んだ …

明楽寺墓地の石造物

 高木神社境内の東側、路一つを隔てて明楽寺墓地があります。  明治の廃仏毀釈で廃寺になりました。円乗院の隠居寺とされます。その墓地が残されました。  現状は草に覆われています。2006年撮影の画像です。 詳細は別に記しま …

高木神社前の石造物

高木神社前、清戸街道に面して5体の石造物がまつられています。 道路の拡幅などにより、この地に遷されました。 享保4年・1719から昭和4年・1929に至る村人達の祈りの対象です。       …

蔵敷庚申塚の石造物

 蔵敷庚申塚    蔵敷庚申塚は奈良橋の庚申塚と共に、東大和市に名の残る庚申塚です。変形されていますが塚の形を残します。塚には、次の石造物がまつられています。左から ・湯殿山大権現祈願塔(天明2年・1782) ・馬頭観音 …

豊鹿島神社の要石3

豊鹿島神社の要石3(『東大和のよもやまばなし』) 芋窪通り、蓮花寺に隣接してこんもりした木々の間に豊鹿島神社の要石はまつられています。 鳥居をくぐりフエンスの前に進むと祠とその前に表面的には一抱えほどの石が目に入ります。 …

豊鹿島神社の要石2

豊鹿島神社の要石2(『武野遊草』) 要石に関しては江戸時代の見聞の記録があります。 寛政7年(1791)9月30日~10月12日にかけて、江戸青山の住人清痩園主人=石子亨が妻の父親である大久保狭南を訪ねて清水村(現・東大 …

豊鹿島神社の要石1

豊鹿島神社から青梅街道を経て芋窪街道を約400メートルほど南に進むと蓮花寺があります。その南隣に、そこだけこんもりとした森になっていて、鳥居があります。 左が蓮花寺で、手前が芋窪街道です。この鳥居の奥にまつられているのが …

PAGETOP
Copyright © 東大和の歴史 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.