庚申塔 高木神社前 享保4年(1719)

庚申塔 高木神社前 享保4年(1719)

 高木神社前に思わず足を止める庚申塔がたてられています。
 享保4年(1719)、高木村の村人が揃ってまつりました。

庚申塔 享保4年(1719) クリックで大

 立派な蓋が付いた方形(□)の石碑です。
 容姿の揃った貴重な庚申様です。
  高さ105㌢ 幅39.5㌢ 奥行き38㌢

正面

庚申様の様々な要素が彫られている
クリックで大

正面に、上から
・左・雲に月 右・雲に太陽
・六臂(6本の腕)の青面金剛像
 上左・矛 上右輪宝
 中 両手で合掌
 下左・矢 下右・弓
・足元に二鶏(二羽の鶏)
・邪鬼
・三猿
が浮き彫りになっています。

・怖い顔して武器を持つ
・青面金剛様が邪鬼を踏みつける
・太陽があり、月がある
・二羽の鶏、三匹の猿が居る
・何か、話がありそうです。
◎説明は「庚申塔をまつった背景」にまとめました。

邪鬼、三猿

足元に、二鶏 邪鬼 三猿
クリックで大

 足元の左右に鶏 邪鬼を踏み、三猿を彫り上げています。
 (右から見ざる、聞かざる、云わざる)

正面文字

右側に造立の理由、左側に造立の年月日
クリックで大

 右 奉造立庚申尊像為二世安楽也
 左 享保四己亥年二月吉日

 二世安楽のために庚申様をおまつりした
 享保4年(1719)2月吉日
 と彫られています。

 二世安楽は
 現世での安穏と来世での極楽往生を意味します。

 享保4年(1719)頃は、東大和市域では
・玉川上水、野火止用水際までの大まかな新田開発が終わり
・より高い生産力を目指して畑地作りに向かう頃です。
・村作り、家族もようよう安定してきて
・貧しい中で二世安楽を願う村人達の姿が浮かびます。

右則面

武州多摩郡山口領
クリックで大

・武州多摩郡山口領
・江戸時代の東大和地域の地名です。
・武蔵国多摩郡山口領となります。
・東大和市域の北側(村山貯水池の周囲道路真ん中)が
・入間郡と多摩郡の境界で、
・山口の中心、山口城は入間郡にあり、
・境界を超した南側は古代から多摩郡であったのに
・なぜ、山口領なのか疑問です。

江戸時代の地域分けの特色と云えます。

左側面

高木村施主村中
クリックで大

高木村
 施主村中

・高木村の村人が全員でまつったことがわかります。
・庚申信仰の特徴とも云えます。
◎説明は「庚申塔をまつった背景」にまとめました。

 (2021.11.03.記 文責・安島)

 東大和市の庚申塔一覧

 庚申塔をまつった背景

 高木神社前の石造物