六十六部廻国供養塔について3

六十六部廻国供養塔について3

国分寺と妙法蓮華経

 六十六部は妙法蓮華経を各地の国分寺に納めたとされます。
 その理由はどこにあるのか?
 天平13年(741)、聖武天皇から「国分寺建立の詔」が出されました。内容は各国に
・七重塔を建て
・金光明最勝王経(金光明経・僧寺)と妙法蓮華経(法華経・国分尼寺)を写経すること
 でした。
・六十六部の行者は国分寺が各国の代表的な寺院であることと、
・この妙法蓮華経(法華経)との関わりを重視したと思われます。

武蔵国分尼寺跡 東京都国分寺市
クリックで大

 かっての東大和市域の行者は、東大和市域を出発して、
 まず最初に、武蔵国分寺(当初の僧寺・尼寺は焼失、薬師堂が再建された)を訪れた事と思います。

廻国にどのくらいの日時と費用がかかったのか

飛行機も列車もない時期です。
・全路、徒歩でしようか。
・馬に乗れたのでしょうか。
・宿泊はどのようにしたのでしょうか。
・全行程何日ぐらいかかったのでしょうか
・約9ヶ月を要したとする例もあります。
・相当の日時と経費を必要としたはずですが
 東大和市には、資料がありません。

・余程経済的に豊かな人か
・村中が費用持ちで送り出したか
でなければ、賄いきれません。

清水村の例
 清水村の六十六部供養塔の例です。

清水観音堂の前にまつられる六十六部供養塔
クリックで大

 清水村では、享保9年(1724)
 施主 清水村   
 廻国者 俗名 野口助三郎 法名 本願了誓
 導師 野口村の正福寺の住職
 近辺村中の男女が助援
と刻まれています。村中総掛かりで行われたようです。

芋窪村の例
芋窪村では村名が大きく、その下に行者の名前が刻まれています。

芋窪慶性院にまつられる六十六部供養塔
クリックで大

芋窪の慶性院にまつられる六十六部供養塔には
 明和二年(1765)乙酉三月 日
 武刕(州)多麻郡芋窪村 行者
             圓入
とあります。

行者圓入が実際に回国し、芋窪村が大きく刻まれていることは
村中のバックアップがあったことが考えられます。

・これらの例では背景に、村や支援者の応援がありますが
・実質的には、多くが、施宿、施食、お布施などではなかったかと推定します。
・訪れる六十六部に対して
・その地の人々が宿や食事を施したと聞きます。
一方、行者の方も
・鉦をたたいたり、鈴を鳴らしたりして
・家々の門口に立って経を読み
・喜捨を受けることもありました。
・そのため功徳を称えられる半面
・さげすまされる(蔑)こともあったようです。

様々な事が想定される六十六部供養塔、東大和市内では11基を目にすることが出来ます。
それぞれについては個別に書きます。

(2021.12.10.記 文責・安島)

六十六部廻国供養塔について1
六十六部廻国供養塔について2

石造物